満天の星空ハイキング万歳!
昨夜の北風と雲の夜空とはうってかわって文化の日は朝から穏やかな一日となりました。
快晴のまま夕日を迎え、そのまま雲のない澄んだ夜を迎えるなんて珍しいことなのです!

よっしゃ~ということで
暗くなった庭に出て薪棚2号の前に赤道儀を設置し極軸合わせ開始! 
昨晩のような風がないだけでも気分的にかなりうかれてしまうのです~

今回のお題は極軸合わせ&広角レンズの2段階以上絞り込んだ長秒撮影なのだ。
バッテリーの充電OK!  懐中電灯にはティッシュを被せて輪ゴムでとめた。
古いストップオッチは暗がりで見えないのでこのティッシュ懐中電灯が必要なのです。
撮影器具の準備完了で庭に出てみると思っていた以上に凄い星空だったのでした。 
11?
ハートレー彗星の経路で調べたらこのあたりの星の並びが少しだけ分かるようになった。
img_20100830144144d44.jpg

これは30mm(45mm)のレンズにケンコーのソフトンAフィルターを使用しています。
左にカシオペア座、上にアンドロメダ大銀河、下にはペルセウス座の二重星団です。
画像右上あたりに見える小さくて白いのはM33。直径が5万光年でアンドロメダ銀河の
4分の1程なんだそうです。このソフトンAを使用するとちょっと滲みすぎちゃいますね。



20101104144209658_20101104155102.jpg
長秒撮影だとピンク色の熱かぶりが出てしまうのでISO感度を下げて何度もチャレンジ。
部屋から漏れる明かりが気になるので出来るだけ室内の照明を消灯。
7時を過ぎていくと夏の大三角形が西に傾き、天の川の賑やかさから落ち着いた雰囲気になる。
最近めっきり視力が悪くなったのにアンドロメダ大星雲を肉眼で見る事が出来たのは驚きだッ!
img_20100830144144d44.jpg

東側の空からおうし座すばるが昇って来ました。秋の空でもまだ左側には天の川の帯が見えます。
アンドロメダ大銀河は僕たちの銀河系と似たようなものらしく、銀河の中では一番近くに
存在するいわばお隣さんです。距離は約230万光年なのでこの光は230年前のものと
いうあたりが分かったようで判りにくいですね。右側にはM33が小さく写っていました。

2010110414413789f_20101104155039.jpg
庭のあちこちにあるソーラーライトの明かりが球面になっている広角レンズに反射してしまう。
出来るだけレンズに明かりが入らぬようにと身体で影を作る何ともアナログな撮影でした。。
img_20100830144144d44.jpg

遅い時間になるとカシオペア座はM字。なんだか冬の到来を感じさせる光景ですよね。


2010110414402678e_20101104155000.jpg
どの画像も2分から3分強で撮影したため、周りの木々が赤道儀の追尾でぶれてしまうのです。
満タンバッテリーもあっという間になくなりましたが、今回は良い練習となりました。
img_20100830144144d44.jpg

プレヤデスを見てみると、な~んとなく青いガスのようすが見えていて嬉しい!
これは宇宙に漂うガスとプレヤデス星団の星たちが偶然に衝突しているとのこと。そして、、
プレアデスの左側に赤いシミのように見えるのは カリフォルニア星雲じゃないですかぁ~!
僕のカメラはノーマルなのに長秒撮影すると赤色が写ってくれるなんて驚きです。 
ちなみにこの赤いシミを肉眼や双眼鏡などでも見ることはできないのです。


明るいレンズを2段階以上絞り込むだけでこれまでの写真より引き締まったようです。
星が多すぎて何が何だか分からなくなったけれど、気温が5度前後だったのに風が吹かな
かったのが何よりです。 今回は楽しい星空ハイキングができました。 グラッチェ!


八ケ岳風イタリアンと朝食の焼き立てパンの民宿
西洋民宿魔法の笛
小さな民宿ですが、心より皆様のお越しをお待ち申し上げております 民宿スタッフ一同より
八ヶ岳麓は小淵沢 西洋民宿魔法の笛 0551-36-6554
スポンサーサイト
【2010/11/04 16:19 】 | 民宿周辺の夜空 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ハートレー彗星がエメラルドグリーン色でも。。 | ホーム | 八ケ岳周辺は初冠雪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad