午前2時の極軸合わせ
NikonD7000を購入してからというものの天候とチャンスに恵まれず固定撮影ばかりとなっていた。
昨晩も地域天気予報では晴れマークが出ていたのに見上げてみれば曇り空。。

うっすら満月前の月が見え隠れしていたものの午前1時を過ぎたあたりから雲の流れが変わった!

こりゃひょっとして、、期待値がグ~ンと上がる。
なんてったって三カ月間もオアズケをくらっていたのだ。

午前1時50分 木星が輝き、北の空にはたくさんの星が見えている!
これが庭に赤道儀のセッティングをすることに決めた瞬間です。

ベランダに出しておいたGP赤道儀をいつもの場所に設置して水平出しを行いました。
そして極軸望遠鏡の目盛環を9月10日の午前2時ジャストに設定し、
民宿屋根の上に見えている北極星を極軸望遠鏡の中にある小さな丸の中に導入。
だんだんと赤道儀のセッティングが早くなったようだ。

自由雲台にカメラを取り付けバッテリーを繋いだらコントローラーのスイッチ0~n!
いやぁ~これまで待っただけのことはある最高な瞬間です!
 

月が沈んでからの天頂付近。D7000の初追尾撮影です。左にペルセウス座、右にスバル。
94450024.jpg
今回はシグマの30mmとサムヤン85mmレンズでの撮影です。嬉しかったのでとりあえずそのまま
の画像アップしました。50枚ちかく撮影することが出来たので85mm画像を含め後日アップします。

今回、D7000で追尾撮影してみて感じたことは
ISO1600でも熱かぶりが出てこないので助かった。長くても開放2分くらいでしたが。。
ライブビューのおかげでピント合わせが格段にしやすい。 これまでの苦労は何だったのでしょう。
D200のような怪く輝く赤い星が見当たらない。多分星の色はそのまま再現されている感じ。
サムスンの85mmF1.4はさすがに明るいです。
いつものことだけれど3時くらいになると人工衛星が頻繁に見え始める。
3時くらいになると空は冬の星座です。
やたらと流れ星が多かった。
やたらと蚊が寄ってきたのでまだまだ虫ペール。
肉眼では分からなかったが3時半くらいから画像が少し明るくなりはじめた。
早くD7000を反射望遠鏡SE200Nに取り付けて直焦点撮影がしたぁ~い。などなど

短い時間でしたがD7000初めての追尾撮影は大満足でした~! グラッチェ





初秋の八ケ岳風イタリアンと
朝の焼き立てパンの民宿

とまと7
小さな宿ですが、心より皆様のお越しをお待ち申し上げております
西洋民宿魔法の笛 
八ヶ岳麓は小淵沢の宿 西洋民宿 魔法の笛 0551-36-6554


スポンサーサイト
【2011/09/10 12:14 】 | 民宿周辺の夜空 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<午前2時の極軸合わせ 『ぎょしゃ座』 | ホーム | 「八ケ岳UFOコンベンション2011」やりますよぉぉ~!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad