ボクの夏休み の想い出 3  
出発初日の夕方、何とか東京から離れ鬼怒川のカワベリの砂地にテントを張り、しっかりと焦げた白米キャベツとコンビーフ炒めを食べてその日は爆睡した。朝、目を覚ませばテントの中は水浸しだ。
慌ててテントから顔をだせば川の流れがここまできている。雨で増水した流れは容赦ないのだ。
緊急事態発生なのに起きないのだ。この相棒がっ! 普段から眠りの深いやつだ。
授業中、席の後ろにいた相棒、どの授業も寝てる。先生が起こしても起きないやつだった。
担任の数学の先生は諦めたようだ。起こすのを。 だって数学だけはいつも100点。
先生も立場ってもんありますよっ! 
30年前のボクの夏休み(自転車旅行篇)の記憶はしっかりとインプットされている。
今週末この達人が消防設備社長と共にやって来る。 グラッチェ!
20070627225611.jpg 20070627225709.jpg 20070627225858.jpg 20070627230045.jpg




皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております 民宿スタッフ一同より
八ヶ岳麓の小淵沢民宿 西洋民宿魔法の笛 0551-36-6554





スポンサーサイト
【2007/06/27 07:36 】 | 開業前準備 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ボクの夏休みの記憶 4 | ホーム | ボクの夏休みの想い出 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad