ERNST LEITZ・Leica Ⅲf/Summarit 50mm f1.5
磨き上がったレンズで撮影した写真の仕上がりが早く見たくて、雨上がりの庭に
出て木の細かい部分がどう写るのかを試してみました。早く星空が写したぁ〜い!
天の川に向けて写したらどうなるのかワクワクドキドキ〜! なのです。
小淵沢フィオーレ 014
ERNST LEITZ・Leica Ⅲf/Summarit 5cm f1.5 
研磨に出す直前に絞り込んで写した八ケ岳を見てびっっくりしました。曇っていた
レンズではありますが、絞り開放で写した写真とはまったく表情が違う。。
えぇぇぇぇ〜これって同じレンズで撮影したんだよなぁ..ッてな感じでした。
小淵沢フィオーレ 014
ERNST LEITZ・Leica Ⅲf/Summarit 5cm f1.5
この薪は研磨から戻って来た時に絞り開放で写した写真です。それにしてもこの
薪を早く割らなければならないのに、とにかく堅くて硬くて手こずっております。
なにせ思いっきり振り下ろした斧が跳ね返ってしまうのです。。欅は堅し!
小淵沢フィオーレ 014
ERNST LEITZ・Leica Ⅲf/Summarit 5cm f1.5
こちらは絞り開放から2段絞った写真。左下には薪棚5号が写っています。
小淵沢フィオーレ 014
このオールドカメラに惹き込まれていくような感覚は、初めて一眼レフを手にし
た中学生だった頃を思い出させてくれる。。グラッチェ!





初夏の八ケ岳風イタリアンと
朝の焼き立てパンの宿泊施設

[※暫くの間は週末のみの営業とさせて頂きます]
八ケ岳の1
心より皆様のお越しをお待ち申し上げております
西洋民宿魔法の笛 
八ヶ岳麓は小淵沢の宿 
西洋民宿 魔法の笛 0551-36-6554

スポンサーサイト
【2013/06/20 20:45 】 | 民宿の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お客さまにアンテナを直して頂きました!魔法の笛の秘密基地にて | ホーム | 匠の業でオールドカメラ復活>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad